2010年01月22日

前原国土交通相、24日に八ツ場ダム訪問を正式表明(産経新聞)

 八ツ場ダム(群馬県長野原町)の建設中止問題で、前原誠司国土交通相は15日の閣議後会見で、今月24日午後に現地を訪問し、建設予定地の地元住民らと初の意見交換に臨むことを正式に表明した。

 前原国交相は会見で「政権交代による政策変更でご迷惑をおかけしたことを真摯(しんし)におわびし、政策変更に至った経緯をしっかり説明したい」とした上で、「ダムの本体工事を中止した場合の生活再建のあり方を、(住民の)お許しがいただければ、話し合いさせていただきたい」と述べた。

 地元住民側はこれまで、ダム建設中止を前提にした前原国交相の姿勢に反発。昨年9月に前原国交相が視察に訪れた際も意見交換の席につかず、その後も拒否を続けてきたが、前原国交相がダム事業の再評価を行うことを明言したことを評価。地元住民らでつくる「八ツ場ダム水没関係5地区連合対策委員会」(萩原昭朗委員長)が先月17日、意見交換に応じることを決め、今月24日を軸に国交省と日程を調整していた。

【関連記事】
前群馬知事・小寺氏、八ツ場ダム「解決に力尽くしたい」      
八ツ場 希望探す住民 一度沈んだ「ダムの底」 狂った人生「いつまで」
クレーム電話から離婚まで…八ツ場ダム住民の年の瀬
八ツ場ダム生活再建に154億円を計上 地元から安堵の声 群馬
八ツ場などダム89事業、来年夏をめどに是非を判断 前原国交相

「何ですか警察は怖いですしね」菅家さん自白の心境 (産経新聞)
ターミナルレーダーに障害=発着便に影響−羽田空港(時事通信)
逮捕は当然=共産の市田氏(時事通信)
鳩山首相、党大会で自身の疑惑「終結した」(産経新聞)
福井さん、上原さん通夜しめやかに 羽曳野3人殺害(産経新聞)
posted by シモノ ユウゾウ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。