2010年01月23日

DNA追及され再び「自白」…足利事件テープ(読売新聞)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で始まり、1審公判中だった1992年12月8日の取り調べ録音テープが再生された。

 菅家さんは前日の取り調べで否認に転じていたが、宇都宮地検の森川大司検事(当時)にDNA型鑑定などを根拠に追及され、再び犯行を認める様子が明らかになった。

 森川検事は「ずるくなれと言ったわけじゃない」などとたたみかけ、菅家さんは涙声で「勘弁してください」と再び自白した。弁護団は、森川検事が「ひきょうなことを言って罪を逃れようとするのは、人間として失格だ」と言ったことなどを、「悪魔の取り調べだった」と非難している。

 菅家さんは、取り調べから14日後の1審第6回公判で否認したが、翌月の第7回公判で再び認めた。弁護団は、「強引に再自白させられた取り調べが影響しており、公判での自白の任意性は完全に否定されるべき」としている。

 22日午後は、森川元検事の証人尋問が行われる。

行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」−福島(時事通信)
死の「度胸試し」9階手すりから高1転落(読売新聞)
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人(時事通信)
「海賊に指一本触れさせぬ」=商船護衛部隊の海自指揮官(時事通信)
クジラ肉お買い得 キタの百貨店(産経新聞)
posted by シモノ ユウゾウ at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。